デッサン[dessin]という言葉は、フランス語です。英語だと[Drawing]、線を描くという意味になります。

さて、デッサンという言葉を理解することは、その源流に遡ることになります。
大変お世話になった東京芸大の佐藤一郎教授(2013年退官)の受け売りですが、先生は「絵画技法入門」で、そのことに触れていらっしゃいます。この本はマックス・デルナー著「絵画技法体系」を噛み砕いた入門書ですが、先生は著書の中で「見ること」は、ギリシャ-アリストテレスの哲学と関連があり、その哲学においては「見ること」を通して「真理」を導き出す(導き出していこうとする)ものであったと、記述されています。ヨーロッパ美学の源流には、哲学や「比率(プロポーション)」「遠近法」などの科学がある、と明示されています。

「デッサン」の元になったのは、「ミメーシス(再現的模倣)」だそうです。まずは模倣から始まる、赤ちゃんでも一緒ですね。モチーフ(描く対象)を模倣する過程で、モチーフをどう捉え、理解し、組み立てていくか考え、描いていく。描くことによって、「世界」をより深く理解していこうとしたわけです。

ここで注意を払いたいことは、「見る」→「描く」行為の間に、「モチーフをどう捉え、理解し、組み立てていくか」という「思考」があるということです。哲学などの知性が流れているのですから、模倣は単なる模倣ではなく、「思考」を通して「創造的模倣」となっていったはずです。源流から紐解くとヨーロッパ美術の歴史自体が「見る-思考する」歴史でもあり、「デッサン」は「技術」以前に、「見る-思考する」手段だったと捉えることも出来ます。「デッサン」を、単なる「描く技術」と理解している人が多いことに対して、それでは肝心のものが抜け落ちてしまうことが明らかになります。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ