投稿者:社会人男性

実は、透明感のあるモチーフは中々難しいものなのです。
果敢にチャレンジする、前向きな気持ちは素晴らしいと思います。
ガラス瓶のデッサン
まず形のとり方ですが、アタリを取る時に必ず中心軸を描きましょう。
ビンの口、首周り、底それぞれに、中心からの距離を等しく測り、
楕円を描いていきましょう。
楕円は遠近法の関係から、上の方から底の方へ段々と丸くなることに、注意。

透けて見えることで、形が歪んで見える部分も出てきますが、
底の部分の歪みはやや極端になっています。
ガラス瓶デッサン添削

透明感を表現するには、中間調子「薄明るいから薄暗いまで」が必要ですが、
まずは鉛筆に慣れて、中間調子を出せるように練習してみてください。

これらのことに注意して描いてみてください。
次は見違えるほど、しっかりしたデッサンになっているはずです。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ