抽象画の現代アートそもそもデッサンは、アートの分野で基礎力として捉えられています。つまりデッサンは、アートを作るうえで必要なものと考えられてきたわけです。デッサンは紙に描き起こしたものですので、特に絵画とデッサンの関係を取り上げ、アートとデッサンの関係を説明しようと思います。

まず絵画をかなりつまんで説明しますと、それは3次元のものを2次元に表現してきた文化と言えます。この観点から絵画の歴史上の大事件は、遠近法の発見と写真の発明でした。大変革を迫られた結果、現代の絵画は大きく変わりましたが、それでもなお「絵画空間」という言葉が表すとおり、「空間」概念は消えることがありません。抽象絵画であるモンドリアンであっても、マーク・ロスコであっても、ジャクソン・ポロックであっても同じなのです。絵画独特の「空間」世界があるのです。

絵画は、子どもから大人まで親しめる、自由さと簡便さが特徴です。そのような簡単さ自由さがある絵画「空間」ですが、ルールがなければ収拾がつかないということもお解かりになると思います。例えば、演劇で主役ばかりが登場すると?どうしても配役を決める、監督が必要です。

絵画の中で、線や塗り、色にルールを当てはめ、調整をする役割が、「デッサン力」だと言って差し支えないと思います。デッサンを、スポーツの筋トレや体力づくり、演劇で言う発声練習とする、「基礎力」と考える方は多いかと思います。しかし画力だけではなく、全体のバランスを調整し、客観的にコントロールする「監督」のような要素もあります。

またアート分野は、感性やアイデア、創意工夫と言った「ソフトウェア」が本質だということになります。しかし素材研究や画力、構築力といった「ハードウェア」がなければ作品は成立しないというのが、全般的な考え方です。デッサンは「ハードウェア」、職人的支えと言えるでしょう。アートだけ、デッサンだけと言うようにそれだけで成り立つ存在ではなく、ソフトとハード、右と左、アート(芸術)とアルチザン(職人)、相補的なものなのです。






にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ