やはりデッサンで引く線は、生き生きとした線であるべきです。

生き生きとした線とは、どういう線であるか?ドーミエのようにグニャグニャした有機的な線を引く人もいる、速水御舟のように鉄線描と言われるような厳格な線を引き人もいる。解釈はそれぞれに別れるとは思います。しかしモチーフは複雑で抑揚がある、それに描き手も躍動している、「今、ここで」感じたことを「上手く、表現」出来たら、生き生きとした線になるはずです。

 

子供の伸び伸びした線は魅力的ですよね。上手く行っても行かなくてもいい、どんな線でも自分が描いた線は大丈夫、だと思っている。中々、大人はそう行かないですね。上手く描かなければならないというプレッシャーが、描き手にはどうしてもある。特に初心者は、そのため縮こまってしまうのです。ここでは、上手く行っても行かなくても、そういう線を引いて行こうとする「開き直り」が必要でしょうか?

 

片や、何でもかんでも自分の流儀を押し通すタイプ、割と描くことに慣れた人に見受けられます。自分自身は伸び伸びとした線で、気持ちよく描いているのですが、モチーフと離れてしまってリアリティーがない!つまり表現出来ていないわけです。ここでデフォルメ(誇張表現)はどうか?という人が必ずいるのですが、「上手く、表現」する過程を得ないと「どこを注目したかわかっていない。」ので、良いものにならない。「下手に見せる-上手い人」と「偶然上手くいった-下手な人」とは違うのです。

 

モチーフに上手く自分の感覚を載せていくことが、生き生きした線になるわけですが、これはなかなか難しいこと。ただ、デッサンデッサンと喧しく厳しく考えるのではなく、「上手く行っても行かなくても」という方が楽しいと思います。上手くいくことがそのうち増えていくことでしょう。楽しいことは大切なことです。失敗も多いですが、おおらかに許しましょう。

 

「生き生きとした線」の参考例として、最適なデッサン教材をご紹介します。「鉛筆デッサン教室 観察から線力アップまで 羽川幸一 著 株式会社グラフィック社 発行」です。実は大学の同期なのですが、彼の勢いのある鮮やかな描写は見事です。見事すぎて真似が出来ない、というと褒め言葉になるでしょうか?ただ、テクニックばかりのどうでもいいデッサンが溢れているので、参考にするならこういう教材がお勧めです。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ