クロッキーとは早描きの事です。20分以下の短時間で行います。
1時間で1枚デッサンするよりも、3枚クロッキーをした方が画力は上がります。
ただ「じっくり見て描く」という目を養う練習も必要なので、デッサンとクロッキー、バランスよく行ってください。

人物クロッキー女性

全体の構図を考えます。
ギリギリまで大きく配置することが大切です。
ここで腰から足先、腰から頭へと「骨」をつなぎ、繋がり具合やずれ具合を、確認しましょう。
1分

人物クロッキー女性

次に、それぞれのパーツを肉付けします。
太い線で一気に塗りだすように、明暗や量感を付けます。
もちろん各パーツの、幅長さ太さなどを比較しながら進めていきます。
3分

人物クロッキー女性

次にそれぞれのパーツを大まかにアタっていきます。
その時大切なのが、首肩腰肘膝などの関節のポイントです。
それぞれの位置を確認し、ポイントを直線で結ぶつもりで形作っていきましょう。
5分

人物クロッキー女性

パーツそれぞれ陰や境目に、更に明暗を付け、大きな立体感を付けていきます。
まだ細かく描かないことが、大切。
10分

人物クロッキー女性

細部を描いて行きます。
髪の質感、服の素材感、体重のかかり方、特徴的な表情に狙いを絞って描きます。
タッチの使い分け、線の強弱などで、それぞれの違いを明らかにします。
15分

人物クロッキー女性

着衣の人物は、服と肌を描き分けることが大切です。
ここでネリ消しの登場。ハイライトを入れ、肌や服を更に描きます。
遠い方の手足は、余り描いていません。
短い時間内で、顔、手前の手足に集中し、距離感を出すためのテクニックです。
20分

人物クロッキー女性

20分終了。

クロッキーは短時間で行うので、全てを描き切るのは難しいです。
手前にあるもの、魅力的だと感じる部分、色の濃い部分など、最初に「ここを描こう」と狙いを決めてスタートしてください。
かと言って体のパーツ一部だけ描いてもバランスを欠きます。枚数をこなしてバランス感覚を養ってください。
クロッキーは画力だけでなく、芸術的な感性も育ててくれます。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ