赤ちゃんのクロッキー生後3ヶ月の息子の20分クロッキー、さあ眠っている隙に。
上下左右に配置のアタリを取ります。
ベッドを多めに入れ、ど真ん中よりやや高めの配置にしました。縦横の比率に注意。

赤ちゃんのクロッキー
クロッキーではのんびりは出来ません。すかさず頭、手足の大まかなところも描き込みます。
頭の比率は、体に比べて大きい。顔の比率は、頭に比べて小さい。赤ん坊の特徴です。顔の正中線、早めに。

baby03
ある程度配置がはっきりしたら、細部へとアプローチします。髪の毛の色も、一気に出します。
細部のアタリであって、描き込みとは違います。アタリを取らないで描くと、上手く行きません。

赤ちゃんのクロッキー
おおっと!、手を動かした。仕方ありません、生きてますから。いくら時間がなくても、直します。
動いた方の手は、一気描き。可愛い寝顔は描き処、まずは微妙な凹凸に影を付けます。

赤ちゃんのクロッキー
ここでは、顔の細部、足の細部に集中。一線一線集中して、潔く。

baby06
ほっぺたの垂れたところ、おでこの出っ張ったところ、バサバサの多い髪の毛、
こいつの特徴的なところは、ひつこく手を入れます。背景も少し触って、時間切れ。

赤ちゃんのクロッキー
クロッキーは、練習方法としては極めて有効な手段です。
確実に描く、狙いを絞る、順を追う、などを短い時間で集中的に行うからです。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ