師匠の絵画教室の門を叩いたのは2008年の春、34歳の時でした。
高校卒業後すぐイラストや漫画を描く仕事に就いた私ですが、誰にも絵を習った事はなく、独学で続けてきました。
自分の絵に足りない所があるのには「基礎が出来てないからだ」と思っていたので、デッサンの勉強をする事にしたのです。
師匠は東京芸大卒の先生なので、超ビビったのを覚えています。

人物ムービングクロッキー
デッサン暦0ヶ月の私が始めて描いたのは「ムービングクロッキー」というものでした。

師匠が目の前でヨガのポーズを取ってくれるので、それを見て早描きするんです。ポーズ時間は十数秒なので、慌てながらも頑張って付いていきましたよ。

でも私の描いたクロッキーに対して師匠は「線だけで描かない」「もっとザックリと捉えて中身を描いて」と言うのです。
線で描かないって…どうやって描くの?中身って何よ?

漫画ばかり描いていた私は、物の形をアウトラインで描く事しかできません。
デッサンの概念は全くピンと来ず、これから漫画脳の自分に苦労させられる日々が続くのでした…

つづく。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ