人物クロッキー2008年7月、デッサン暦3ヶ月で初めて「人物デッサンの会」に参加しました。
これから長いお付き合いとなる、可愛い女性モデルちゃんとの初対面。
いや~、こんな可愛らしくて明るくて感じのいい娘さんがいるんだなぁ…と感心しました。

←これが人生初のモデルクロッキー。15分。
おお、けっこう描けたじゃないか、と自画自賛していたら師匠に
「線だけで描いちゃダメ、もっと塗れ。中身から描かんか」と指示されました。

なかみ? 中身って何?
骨のこと?
見えないじゃない?
それに、まず線で囲って形を決めてからじゃないと中なんて塗れないじゃない。

師匠の言うことは全く意味不明。
短時間では「塗る」なんて作業はできないまま、数枚クロッキーを続けました。

人物デッサン

そして最後に描いた60分デッサンがこちら。

まぁキレイに描けたじゃないの♪
また自画自賛をしていたら、

「これでは漫画だ」
「ちゃんとモデルを見ていない」
「自分の頭の中にあるイメージで描こうとしている」
…と評されました。

ちゃんと見たもん!
そんなはずはない!

この「見ているつもり」「漫画脳」に気がつけるまで、私は苦しみ続けるのでした。

 

つづく。

 

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ