人物クロッキーデッサン暦1年2ヶ月の2009年6月。クロッキー帳3冊目。
相変わらず、師匠の15分クロッキーを繰り返しています。

だいぶ慣れてきたので、思い切り良く描くようになってきました。

少々潔すぎる感もありますね。線のストロークが早すぎて単純化されているような気がする。

それより問題なのは、師匠がヤサ男になってしまう所です。
私は少女漫画を描いてきたので、頭の中にあるプロポーションが「10頭身くらいある王子様体型の男」だったんですよ。

←これでもリアル体型に近づけているつもりなんですけど、細くて長くなっちゃってますね・・・(師匠は細っこい人ではないです)

これぞ「漫画脳」です。
師匠に「プロポーションがおかしい」「細すぎる」「長すぎる」と何度も何度も言われても、どこがおかしいのか全く分らない。

これから1年ほど、「頭の中のイメージで描いている」というのに気がつかないまま描き続けるのでした。。。

つづく。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ