自転車に、最初に乗れた時、どうでしたか?思い出してみてください。
またこけるのかな?という不安と共に、集中して周りが見えず自転車と自分だけだった。
乗れた瞬間ぱっと周りが開けて、一気に世界が広がった気がした。
(その後、勢いよくこけた時の、痛みも知ることになるのですが。)

実技系は、よく似たところが有ると思います。デッサンもそうです。
やはり自分の可能性を広げたい、自分の世界を広げたい、皆さんそう思われるでしょう。
だから自分が、手を動かして、実感する、これ以上でも以下でもない世界。
指導する側もやはり、自分がそうしてきた経験を元にアドバイスするしかない。

だから、自分の中に判断基準を持ちましょう。
間違っていてもいいです。経験とともに、それは変化していきます。
「腰の部分、しっかり描けていますか?」そう聞かれると、「こういう理由で描けていない。」
「こういう見方で描けばいい。」というアドバイスは出来ます。
判断が先か?アドバイスが先か?心情の機微のようですが、
アドバイスが先だとご本人の実感が薄いことは、経験上言えるようです。
自転車に乗るために、こうしたらうまく行くかも?という判断を持つべきです。
自転車に乗る「主体」は、あなたなんですから。

例えば「こういう方法でやれば、絶対!うまく行く。私について来れば、必ず上手くなる。」という指導者がいます。
頼もしいですね。私も習っちゃおうかな。でも、考えてみてください。
それはあなたの世界ですか?あなたの可能性ですか?あなたはあなたでいられますか?

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ