缶ビール(スーパードライ)のデッサン頑張りましたね!

こういった曲面の文字を描くのは、手描きだと最高に面倒くさい。
文字列毎に、円弧を描き下に向かうほどカーブがきつくなる。
もう少し精度を上げるには、このカーブを面倒くさがらないで、描いて行くしかありません。

 

もう一つの重要な要素は、アルミの質感です。

つまりアルミの光沢の、表現です。
光っている部分は、文字も含めて明るく、それ以外とコントラストを付けて表現します。光の当たる部分と、陰の部分の違いも、差を付けましょう。
金属の質感は、メリハリをつけて、違いをはっきり出していきます。
缶ビール(スーパードライ)のデッサン

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ