コロんさん(専門学校生) デッサン180分
瓶のデッサン
素直な見方で、描けています。好感の持てるデッサンです。
ガラスの質感を出すコツは、ハイライトを含む映り込みと、透けている表情を捉えることです。

まず「白をなるべく残す」のではなく、白い部分はハイライトのみで。
ハイライト周辺、瓶の底や首などの曲面の強い部分、アウトライン周辺の描き込みを、強くシャープに。

瓶のデッサン

瓶の底や首、ラベルの裏側に、暗い部分がもっとありませんでしたか?
もし「透明物だから明るめに」と思っていらっしゃるなら、それは間違いです。
光も影も透過する様を、そのまま捉えていきましょう。

ラベル、めんどくさいですよね?これぐらい取り込んでいれば、充分です。
時間制限もある場合、ある程度は省略しなければならないですから。
ただ、紙(ラベル)とガラスの違い、境目をもっとはっきりさせましょう。どちらが暗いですか?
ラベルの上部にかけて瓶ごと狭まって見えるところが、残念。それ以外の遠近法は、上手くいっています。

では引き続き、頑張ってください。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ