ペンデッサンで細密描写、というミッションです。
タッチに慣れ、タッチの表現力を高めるには、ペンで描くのが最適です。
付けペン世代の「マンガ家」が、表現力に優れているのはそのためでしょう。

めざしのデッサン

このデッサンの作者もマンガを描いているそうです。
この目刺しのデッサンは、ペン使いは綺麗にコントロールされていますが、
目刺しとして綺麗すぎる、つまり単調なところがあります。
タッチを、多方向に重ねたり、曲線や点描を使ったりして、
目刺しの皮の、光沢のあるパリパリした感じが出るといいのですが。

めざしのデッサン

黒くつぶれてしまうことを辞さないで、追求してみてください。
きっとタッチと質感、立体感の、触覚的関係が体感できると思います。

めざしのデッサン

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ