ki
屋久杉を参考にして、想像の樹のデッサンをしました。
基本的にデッサンは「モチーフを見て描く」というのが原則ですが、想像の物を描いてはダメという事ではありません。

使用画像は鉛筆、グラファイト鉛筆、クレヨン、墨です。
ダイナミックで激しいデッサン、制作過程ムービーもご覧ください。

確かに今まで、デッサンは見て描くもの、見て感じてなんぼのもの、と言うことは申し上げたと思います。ただ、そうでなければならないものかと聞かれれば、そうでもない。例え見なくても、人が、山河が、花鳥が、美しく、または生々しく描ければいい。事実、水墨画や障壁画は、実際には無い想像の景色です。ただ樹や、鳥それぞれを、徹底して練習します。

 

この樹のデッサンは、見て描いたものではありません。かといって、完全に想像ではありません。縄文杉という、縄文時代から生きていると言われている屋久杉の写真は、傍らに置いていました。ただ、時々参考にした程度で、ほとんど見ていません。「制作テーマ」としては、「上昇するエネルギー」という感じですが、とにかく楽しく描けました。

 

「制作テーマ」、現代の言葉で言えば「コンセプト」ですが、デッサンにしても作品にしても、それがなければ唯の練習です。練習は大切です。練習しなければどうしようもない。ただ「熱血!デッサン塾」は、練習だけのサイトであると思われるのは困ります。そういう意味でも、このデッサンを描きました。

 

現代作家のデッサン(ドローイング)には、この樹のデッサンより「めちゃめちゃ」なものがありますが、それはパフォーマンス(行為)の痕跡です。「コンセプト」を推し進めた結果、ものを描くことから遠ざかっていった。これは具象絵画、抽象絵画を分ける分岐点ですが、具象絵画が古いとか役に立たないとかいうことではございません。アートの「目指すもの」が、ものを描くことだけでは済まなくなったからです。しかし、「引用」「盗用」がアートの手法として定着して以来、逆に今は具象作家ばかり。これから益々、整理して考えていくのが難しくなりそうです。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ