1.構図を決める

なるべくゆったり大きく入れたい。頭ぎりぎりから、足首を少し切る構図にします。
バックは、顔を浮かび上がらせるため、付けます。明暗も大きく付けていきます。
人物デッサン

2.体のバランスを取る

体の繋がり、曲線のリズムは重要です。頭→足の微妙な傾きに、注意を払います。
縦幅、横幅のバランスも気を付けていかなければなりません。
人物デッサン

3.明暗をつける

形がある程度決まったら、明暗をしっかり施していきます。
服が明るい色なので、背景のグラデーションでメリハリを付け、雰囲気を盛り上げます。
人物デッサン

4.体を描く

体を描きこんでいきます。この段階では、細かくなりすぎないこと。
首、肩、腰など対幹部と手、足、頭の繋がりが重要です。
人物デッサン

5.質感を出す

肌、シャツ、スカートの微妙な明暗の差を、決定します。
背景はもう一段暗くし刷り込んで、人物との差を付けます。
人物デッサン

6.顔を描く

このぐらいから、一つ一つ部分的に描きこみます。
まずは顔から。顔の影をしっかり付けて、ベースを作っておくのが大切です。
人物デッサン

7.細部を描く

足の表情をしっかりと描きます。コスチュームの場合、服も大切。
それぞれの質を描き分けるために、タッチのつけ方も工夫します。
人物デッサン

8.女性らしさを出す

たゆたう女体の、重量感、潤いは大切なテーマ。
光沢や、設置面の表情は、重要なポイントです。

1時間で完成。
人物デッサン

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ