元気で好きなように伸び伸び描こう、と言われた小学校低学年まで。
いつから、よく観て丁寧に描こう、ということになるのでしょうか?
デビュッフェという作家は、大人になっても本気で「子どもの絵」を描きました。
デッサンをして、何でも描けるようになって、自分のやりたい描き方を選択する。
その方が、自由です。大人への階段だと思って、頑張って下さい。

人物クロッキー

塗り方も、線の引き方も一気に描き過ぎです。よく観て、丁寧に、直しながら描いて下さい。

「描き方がわからない」とおっしゃる初心者の方は多いです。
まずは見ることです。人体は複雑です。直線部分はほとんどありません。
適当に何本も線を引くのではなく、しっかり見た本当の線を1本引きましょう。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ