紙と鉛筆さえあれば、何時でも誰でも何処でも出来る、これはとても平等な方法です。紙と鉛筆なら、それほどお金がかからない。高いお金を出して、映像機器などが買えない人でも出来る。だから先進国の人でなくても出来る。また例え寝たきりであっても、不自由であっても出来る可能性が高い。

どんなに古い方法だとか、原始的だとか言われても、平等であるということは多くの人が触れることが出来るということです。だから中には、喜びを見出したり、ささやかでも自信がついたりする。つまり多くの人の「命の回復」に関係する可能性がある。だからデッサンは無くならない、それだけの存在理由がここにあると思っています。

もちろん専門として技術習得の道があり競争もあるわけですが、その前に、万人に文化として開かれているもの、そう思っています。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ