私自身、デッサンを始めた頃は、なかなか慣れなくて苦労しました。影を付けたり、タッチを付けたり、描き方がそれまでと違い、感覚的に受け入れるのに時間がかかったことを覚えています。少しずつですが、描けなかったものが上手く「表現」出来るようになる、その達成感がうれしくて続けられたと思います。

 

今デッサンを勉強している皆さんに、何が上達してうれしかったか、お聞きしてみました。

「思ったとおりに形が描けるようになってきた。」

「じっくり取り組む根気が出てきた。」

「考えたり分析したりして描くようになった。」

「今まで巨匠の絵を見るたびに、信じられない技術に思えたが、今は描き方が少し想像出来るようになった。」という印象的な意見も。

 

万人に開かれているデッサンですが、取り組みはそれぞれが引き受けるもの、少々忍耐は必要です。皆さん、行きつ戻りつしながら、苦労して上達してきました。馴染んだり、知らないうちに出来るようになったり、周りの見え方が変わってきたりという具合で、上達するといっても紋切り型ではない、グラフで表すようには行かない。それでも「気持ち」が大切にされること、しっかりとした自信に繋がること、絵画の豊かさがここにはあります。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ