目の前に置かれたモチーフを、よく見て写し取っていく、そのようなデッサンが一般的です。だから創造性が無いとか、表現行為がないとかおっしゃる人がいますが、それは違います。
創造的模倣
ミメーシス(創造的模倣)というのがデッサンの起源であり、ギリシャ哲学に発する考えであることは、佐藤一郎先生の著作でご確認下さい。デッサンの起源「ミメーシス」がなぜ「創造的模倣」と訳されたか、それは創造には模倣が必要だからです。創造は、まず前提となる土台が必要です。0から新しいものが出来ることはない。
それまでを踏まえて展開する、「再現」が基本とされるのが自然界です。遺伝子がそれまでをベースに少しずつ変化ししていくように、まず理解して新たなアレンジを少しずつ加える。理解を抜きにして創造は出来ないのです。模倣を通して創造的世界の扉を開く、そのためにデッサンがあるという意味があるようです。

以下は地味ですが、正しく表現行為と言えます。
鉛筆のタッチで質感を出す表現
これは平面独特の表現です。紙と鉛筆という限られた素材で、タッチや力加減を工夫し、どれだけ違う表情を出せるか?目の前にあるモチーフの、ザラザラ感、ツルツル感にどうしたら近づけるか?試行錯誤をする、これは素材感という鋭い感覚を磨く表現です。絵具でも、水加減や塗る順番、筆は傾け方や引きかたで、無限の表情を作ることが出来ます。

3次元のものを2次元に置き換える表現
まず遠近法ですが、ルネサンス初期、自然科学から生まれました。この表現が確立することで、祭壇画をまるで建築の一部として感じ、人々は神々の世界を地続きの世界と感じたことでしょう。次に空気遠近法、つまり背景色になじんで行く色で、遠くのものを表現する。次に、大きさの違いで遠近を表現する、色の暖色が前進する、寒色が後退する視覚心理を利用して、遠近感を生むなどなど。
デッサンでは最も多用される方法として、タッチの線を重ねて、傾き、曲がり方、前後の面を表現する方法、身近な参考として「お札の偉人」の描き方ご覧下さい。

この二つの表現は、マンガ・アニメイラストだけでなく、工芸、彫刻など他分野に共通する、大切なものです。経験した人はいうまでも無いことかもしれませんが、目の前のものを描いても表現であり創造性が有るということを御理解いただきたいと思います。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ