投稿者: しょうこさん(39歳会社員・デッサン歴1ヶ月)

メッセージ本文:
最近絵を習い始めました。先生から与えられた2つ目の課題です。いつも始めに形をとるところが、怖いです。真っ白な画用紙に描き始めるとき、何を気をつければ良いでしょうか。
(作画時間:5時間)

石膏の足のデッサン

よくぞ5時間も描かれました。真面目にじっくり取り組んだ印象です。
白い画用紙に向かって形をとる時プレッシャーを感じるとのことですが、私もそうです。最初はやはり本当にこれで良いんだろうか?という思いに襲われます。同じことを繰り返すと幾分慣れてきて、その思いが薄らぎます。だからデッサンでも慣れることが大事なのですが、敢えてプレッシャーを大事にしてください、と申し上げます。最初が肝心ですし、見ることを大事にしないで慣れるだけでは上手くなりませんから。

最初は形、構図から入るのですが、形を取るのに時間がかかったのでしょうか。
長時間かけた割にはあっさりとした印象に見えます。でも少しずつ早くかけるようになりますので、それまで辛抱下さい。
頑張ってタッチで立体を表現しているのは好感が持てます。
しかしタッチの向きを考えて引きましょう。これでは漫画の「カケアミ」です。タッチに気を使いすぎて、明暗が疎かになりがちですので、気を付けましょう。丸さに沿ったタッチも入れることが出来るとベター。床との接地面に一番強い影が出ます。影は丁寧に描くように心がけましょう。

引き続き、この丁寧さをキープして続けて生きましょう。きっと上手くなります。

石膏の足のデッサン

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ