投稿者: ゆうや さん(高校三年生・デッサン歴3日)

メッセージ本文:
高校三年生です。デッサンを始めて2枚目です。この時期に今更なのですが教育学部の美術など美術に携わる大学に行きたいと思いデッサンを始めました。この状態から一ヶ月全ての時間をデッサンの練習に費やせるとして、大学の二次試験のデッサンで合格するレベルまで上手くなるのでしょうか。評価お願いします。また陰影が上手く出せず、りんごの形が上手くかけなく、全体のバランスをとるのにもとても苦労しました。悪い所のご指摘をお願いします。
(作画時間:240分)

静物デッサン

デッサン歴3日でよく描けました。もともと絵心のある方なのですね。
残り1ヶ月で受験に間に合うかどうか・・・それは大学のレベル次第です。有名美大でしたらもちろん難しいです。
教育系なら学力重視で実技に重きを置かない所もありますが・・・。
画塾には行かれてますよね?独学は流石に危険です。

まず構図が悪いです。左右はキチキチに詰まってますが、上が開きすぎです。
モチーフの配置を工夫し、紙の8割方に上手くまとまるようにしましょう。

物体の主線が強すぎます。
形を輪郭線で取ってから中を塗っているんだと思われますが、それは漫画の描き方です。
デッサンでは明暗やタッチで、立体感、色、光、質感などを表現します。輪郭線という考えは、まず卒業しましょう。
人工物、左右対称の形の狂いが目立ちます。
どこから光が来ているか分りません。上の面、横の面、下の面を意識して、明暗を出して行きましょう。
地面に落ちる影も大事です。
色の差が乏しいです。マグカップの取っ手や金属にはもっと濃い部分があったと思います。りんごも薄い印象です。

以上つまんで申し上げましたが、それより肝心なこと。美術教育は、美術にとって大切な仕事です。美術の授業一つで、美術が好きな人が増えるかどうか掛かっていると言っても過言ではないと思います。そういう意味では、デッサンは受験のためにあるのでは無いのです。どうぞ熟慮いただきたい。ご健闘を祈ります。

静物デッサン

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ