投稿者人: そらさん (高校3年生・デッサン歴1ヶ月)

メッセージ本文:
トイレットペーパーの柔らかさ、スプレーボトルの形をなかなか表現出来ませんでした。

(150分)

トイレットペーパー、スプレーボトルのデッサン
デッサン歴一か月で、ここまで描けるのは素晴らしい。基本的に観察する姿勢が出来ているようです。間に合うかも!?
さて、鉛筆でデッサンするということは、線で表現するという持ち味があります。それは「タッチ」と言われる表現です。実際、そのような線が見えるわけではないのですが、それをすることで面や質感が強く描けたりする、平面に立体感が表現できるのです。必須アイテムです。取り入れましょう。

トイレットペーパーは、細かい凹凸があり色が薄い。だから鉛筆を寝せて、ざらざらした濃淡を付けます。薄い鉛筆を使います。ボトルはプラスチックで、ツルツルしています。鉛筆を立てて、シャープなタッチを付けます。色は中程度ですので、中程度の鉛筆を選びます。

キーピングちょっと傾いたのは、惜しかったですね。時間が限られていますが、焦りは禁物。この丁寧さをキーピング!(笑)
トイレットペーパーとスプレーボトルのデッサン

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ