投稿者人: しうさん (高校3年生・デッサン歴1週間)

メッセージ本文:
大学の教育学部の美術専攻を受験します。センターで点をとらないとダメなので、何ヵ月かデッサンを止めて勉強していました。センターが終わって、今美術の先生に教えてもらいながら急ピッチで進めています。

ハイライトや強弱がよくつかめなかったりします。添削お願いします!(´・ω・`)

(200分)

やかん、レンガ、紙コップ、みかんのデッサン

まず、鉛筆の種類を揃えましょう。次に、ケント紙に描きましょう。立体の、陰影がどう付くかを習いましたか?コップの奥は、光が届きにくいので暗くなりま。遠近法の原理は習いましたか?習いたてだと、卓上物のパースがきつくなりすぎますので、気を付けましょう。色の濃さを、明暗に置き換える原理は習いましたか?オレンジ色は、もう少し濃いかな?質感表現は、観察力によって特徴を掴むことが基本です。金属、周りを写しこむ鏡面ですから、暗いものも映ります。もっと暗い部分があるのでは?

美術の先生になる人が、美術の勉強を後回しにして、勉強を優先するのですか?私には、残念ですが理解できません。デザイナー協会会議でも「デザイナーの権利がそもそも認められていない、デザイン後進国」発言がありましたが、美術教育の現場でも美術より勉強が優先されるのであれば、間違いなく美術後進国です。これは深刻な問題です。

やかん、レンガ、紙コップ、みかんのデッサン

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ