投稿者:まゆさん (高校3年生:デッサン歴1日)

 コメント:
 初めまして。前期試験が終わり、後期試験のデッサンの練習をしています。
今迄勉強のみ、絵は好きですが、落書き程度しかしていません。
塾に通ったことはありません。
今から?と言われて当たり前かもしれませんが、建築学科のセンター配点高めなものの、実技のある学校を受けます。
受験者は半数ほどが塾に通って受けるそうです。
試験問題は試験時間120分で大抵二つの物を描かせます。
今回は一つ60分で描きました。
至らないところが多々ありますが、これから全ての時間を費やし、少しでも上達したいです。
添削よろしくお願い致します。
(60分)トイレットペーパーのデッサン
デッサン一日目?で建築に行きたい?
私も敬愛する「紙管の建築家」坂茂さんへのオマージュですか?そうだと良いのですが。
デッサンからは、余り熱意が伝わってこないな~。

工学系の建築学部と美術系の建築学部に大別されますが、建築家の素養として重要視されるのは立体視、どれだけ空間を具体的に想像できるか、ということになるそうです。
建築におけるデッサンとは、つまり構造を把握しているかどうか、となるでしょう。
この場合、トイレットペーパーの底の形、隠れている部分や裏側まで考慮しているか?考慮しているとそういう線が現れてきます。
その上で、立体感はかなりはっきりと表現する必要があります。
具体的には横の面、縦の面、どこで付いているか離れているか、描き分けましょう。

Good luck!

トイレットペーパーのデッサン

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ