投稿者: 晶子さん (24歳・デッサン歴2ヶ月)
メッセージ本文:
はじめまして、晶子と申します。ライフワークの一環として絵を描いているに過ぎない身ですが、よろしければご鞭撻のほど頂戴いただけますでしょうか。
今回のデッサンでは、葉の瑞々しさが表現できず所々作り物のように見えてしまうこと、硝子の輝きや水の透明感が出せないことが残念でした。
今回は夜に蛍光灯の光の元で描きました。
(90分)

水の入った硝子(割れたような加工入り)の一輪挿しに活けた植物です。

ガラスの一輪挿しと植物のデッサン
初めまして。形を囲まない描き方には魅力を感じます。セザンヌが始めたことですが、評して空気が通う描き方と先生に教わった言葉、良く覚えています。モチーフの印象を大切にした描き方も大切ですが、葉の瑞々しさと硝子の輝きとコメントがありますから、もう少し質感に踏み込むには「色を付ける」こと、葉っぱの色を塗る、水の色を塗ることが必要でしょうか。

文章の丁寧さに対して、デッサン紙の扱いが、、、、。皺にしたくないデッサン、頑張って描いてチョーダイ。

hana2

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ