投稿者: 天宮さん(14歳・中学3年生/デッサン歴1年弱) 美術系高校進学志望

メッセージ本文:
またまたりんごを描いてみました。
陰影やハッチング、光源を意識して描きました。
ハッチングが中々上手く行かず、線に見える所がありました…。
へた(?)のところもあまりゴツゴツ感がだせませんでした…
(90分)

[過去投稿]
添削124:バナナのデッサン
添削122:りんごのデッサン
添削116:食品サンプルの林檎のデッサン

りんごのデッサン

誰がどう見ても、今回はリンゴですね。良いですね!すごく良い!何が良いって、ひつこく食い下がるところ。
私思うに、初めてのことをするのに初めから上手く行くと思うのは過信、マニュアル通りすれば誰でも上手く行くと思うのは盲信、これを抜けたら初心者では無くなるのです。あなたはもう初心者では無い!

さて、次は「回り込み」を意識して描いてみましょう。これは少し難易度が上がります。どう描くかといっても、微妙なグラデーションがあるぐらい。それを薄い鉛筆で、付けたり引いたりして描いて行きます。

影に関しては、理科の条件を押さえましょう。基本的に、光源とリンゴに線を引いて延長線上に同じ大きさの影が落ちます。ほとんどの場合は同じ大きさ。でも光源が近ければ、影は大きくなる場合があります。そして、地面から距離のある箇所の影ほど、拡散してぼやける。覚えるといいでしょう。

りんごのデッサン

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ