投稿者: 頼さん(18歳・大学1年生/デッサン歴なし)

メッセージ:
はじめまして。
自分は将来玩具の開発に携わりたいと考えています。しかし、自分のイメージするものどころか、見たままのものさえ紙に書き起こせないので、デッサンから練習しようと思いました。
全体的に下手くそなので、ご指導宜しくお願いします。
(50分)

トイレットペーパーの芯のデッサン

初めまして。なるほど、イメージを描き起こすためにも、ある程度描く技術が必要ですね。ストレートに質問を返しますが、玩具をなぜ描かないのですか?円柱はデッサンの基礎的モチーフではありますが、あなたの場合好きな玩具の研究も出来るし、複雑なものにチャレンジした方が形を描く練習になりますよ。

さて添削ですが、まず遠近法として楕円は下の方が丸みを帯びます。光の原理として、陽、陰、影の3つははっきり描き分けるようにしましょう。影も、実態と虚像の違い、ぼやけ方を丁寧に描いてみましょう。なのですが、とにかく線を引いたり塗ったりする運筆練習をしっかりやって、描くことにもっと身近になることが早道かと思います。
トイレットペーパーの芯のデッサン

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ