投稿者: mapleさん (18歳・高校3年生/デッサン2週間)

メッセージ:
初めまして、趣味で絵を描いているものです。

人に絵を見せて、添削をしてもらう機会が無いので、このままでは上達しないなと思い、自分の絵を添削してくれるサイトを探しているときにこのサイトを見つけました。 その時に初めてデッサンというものを知り、2週間程練習してきたところです。

もしあの時このサイトを発見していなかったら、自分だけで考えた偏った練習法で間違った経験を積んでいってしまったのではないかと思い、感謝してもしきれないです。

美術系進学、資格の取得等は現在考えていません。
デッサンをする目的は、絵が上手くなりたいからです。

以下、僕が描いたデッサンについてです。
F、HB、B、2Bの鉛筆、消しゴムを用いて描きました。 画質が最悪ですが、家のカメラではこれが限界でした、すみません。

丁寧に、雑に見えないように頑張ったのですが、デッサンが完成していくにつれ、付け足せば付け足すほど変になってしまい、どうすればいいのかわからなくなってしまいました。
具体的には、梨特有のざらざら感や、内面のみずみずしさを表現できませんでした。

半年後にもう一回投稿しようと思っているので、よろしければ、その時に上達速度が速いのか遅いのかも教えてください。
(23分)

梨のデッサン

初めまして。ご丁寧な投稿有難うございます。正直に言います。文章とデッサンの乖離が見受けられます。手が動いていない、力が入っていない。ですので添削というより、心構えを申し上げます。

まず、運筆練習をしましょう。その時、思いっきり力を入れる描き方も試してください。次に、簡単な形を描く練習をしましょう。ドラえもんでもアンパンマンでも良いですから、むしろ子ども心に戻るつもりでのびのび描いてみて下さい。次は、自分の好きな絵、デッサンを見つけて模写してみて下さい。真似ることから始めることは必須です。ひたすら写してください。最後に、再び梨を描いて見ましょう。所詮、やることなすこと全てトライ&エラーの繰り返し、失敗を恐れず失敗をたくさんして失敗することに慣れましょう。失敗の分だけ、成功を得られます。

梨のデッサン

もっと詳しく学びたい方はこちらへ
デッサンオンデマンドへ


にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ