投稿者:れいさん(24歳・フリーター/デッサン初心者/ゲーム・グラフィック系企業転職)

メッセージ本文:
高校では美術部でデッサンは数点描きましたが体系的には学ばず、数年のブランクがあります。
趣味のイラストを描きながら一般商社に勤めていましたが、昔から憧れていた2Dデザイン・グラフィック関係の職種に転職したく、デッサンを練習しはじめました。希望はゲーム業界です。
ポートフォリオにデッサンを数点載せたくおもい描いてみました。
よろしくお願いします。

[上手くいかなかった点]
グラスや色付きガラスの質感
描き終わってから形のゆがみに気づいたこと

[質問]
描き込みや修正をもっと繰り返しこの一枚に取り組むべきか、別のモチーフで新たに描くか、どちらがよろしいでしょうか?

(150分)

ビールグラスとビール瓶のデッサン

2Dデザイン・グラフィック関係とゲーム業界では、かなり傾向と対策が違うと思います。そこはもう少し絞った方が良いと思います。ただ、いずれにしても先方は、画力だけではなくあなたの面白い視点を求めると思います。まずは、自己採点をしてみて下さい。自分で考え、自分の視点というものを大切し、しかも自己批判能力も持つことを習慣化してみましょう。

デッサンで感じたことは、細かく描くのがお好きだということ。それは持ち味です。しかしその前に、形の取り方の基礎を覚えましょう。このようなモチーフは、中心軸を描き左右対称に当たりを取っていきます。そういう大きな部分が出来てから、細かい部分を描き込むという、描く順番があるのです。

描き込みや修正をもっと繰り返しこの一枚に取り組むべきか?別のモチーフで新たに描くか?については、答えにくい。対面ならあなたの性格を知ってアドバイス出来るのですが、私の場合ならこうするで答えるとすると、せっかく細かく描いたのをもう一度描くのはしんどいので、これは今後二の轍を踏まない資料として取っておいて、新しいモチーフに向かいます。

ビールグラスとビール瓶のデッサン

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ