投稿者:さきおさん(17歳・高校3年生/デッサン歴1年/美術大学進学志望(推薦))

メッセージ本文:
お題:ボールと赤色のリボンの美しい関係を描く(手のデッサン) でした。
有名な某美術大学に推薦入試します。
途中経過ですがアドバイスをよろしくお願いします┏○ペコ
まだまだ不安な点ばかりです
(360分)

手とボールとリボンのデッサン

まだまだ不安、というのは誰でもそうでしょう。試験のレベルというものは、蓋を開けてみない限りは、受験生にも審査する側にもわからないものだと思います。そこで、どうするか?思考するのです。立体感はどうか?色はどうか?形はどうか?空間はどうか?思考は、あなたの画力を補って、メンタリティを強くしてくれます。(細かいところは、赤ペン見て、ご判断ください。)

有名な某美術大学が試験で図りたいと思っているところの、技術だけではない、その人の持っているセンス、構成力は何か?「美しい関係」という言葉がありますね。美しい関係って何だ!!!さすが有名美術大学、一般人なら分けわからん!
あなたは、そこでどう考えたか何も書いていないのだが、思考しましたか?何パターンか考えましたか?どこを工夫したのか?どこを中心としたのか?(球ですけど)そこがはっきり言えるようなら、強いデッサンになるのではないですか?思考せよ、受験生!クリエイティブには、思考と知性が不可欠だ!

手とボールとリボンのデッサン

 

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ