投稿者:シャルさん(13歳・中学1年生/デッサン歴1ヶ月)

■自己紹介・デッサンの目的
3度目の投稿になりました。前回添付してもらったところ(影の書き方、かたちのゆがみ)を気をつけてかきました。

■頑張った点、上手くいかなかった点
光は、ライトを使っています。それぞれの面の、影の濃さに気をつけました。うまくいかなかったところは、影の濃さに気をつけたにもかかわらず、濃淡の少ないような、のっぺりした絵になってしまったことです。

■どのような点を向上させたいか
本来の影と、色の濃い部分の違いの出し方を知りたいです。

■デッサンの所要時間
90分

[過去投稿]
投稿263:コーヒーカップのデッサン
投稿260:りんごのデッサン

えんぴつけずりのデッサン
頑張っていますね。丁寧さが、幾分増したようです。鉛筆削り、使っていますか?質問とは外れますが、デッサン用の鉛筆はカッターナイフで削るようにしていきましょうね。

では添削ですが、遠近法のことはもう習いましたか?3本づつ、線を描き足しています。それぞれの遠い方の幅が、少し縮まるように描く必要があります。(薄いブルーの、縦の3本は、基本垂直で構いません。)

影が気になっているようですね。影は、基本として実像ではありませんので、はっきりは描きません。また、モチーフと離れるほど、影はぼやけます。逆に、影に対して本体モチーフを強くはっきり描くことを、気を付けた方が良いのかもしれません。

影と色の違いの描き分けですが、そのように影だけ、色だけと取り出して比較するのは、返って分かりにくいのではないでしょうか?色を置き換える時、薄すぎず濃すぎず、適宜に明度が表せているか判断しましょう。そこに光が当たって、陽、陰、影が出来ています。今度は、その3つをそれぞれ見比べて描いていきましょう。デッサンは、部分的に見比べても上手く行きません。常に、全体を見比べることを、心掛けて下さい。

えんぴつけずりのデッサン

もっと詳しく学びたい方はこちらへ
デッサンオンデマンドへ


にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ