投稿者:清水さん(17歳・高校3年生/デッサン歴1ヶ月/美術系学部受験)

■自己紹介・デッサンの目的
国公立系芸術大学を目指しており、練習として描きました
間に合うのかどうかが少し不安な中このサイトを見つけ応募させて頂きました。

■頑張った点、上手くいかなかった点
頑張った点…透明感をできるだけ出せるよう努めました
うまくいかなかった点…上部の楕円が歪んでしまった

■どのような点を向上させたいか
全体的なレベルの向上
調子や質感の出し方、タッチの使い方

■デッサンの所要時間
約90分

ガラス製コップのデッサン

いよいよ、受験ですね、頑張って下さい。間に合うかどうか不安?考えても仕方がありません。わかっちゃいるけど、止められないお父さんたちがいっぱい居ますので、どうのこうの言うことも出来ません。頑張るのみ!

まず、鉛筆デッサンは、通常ケント紙です。早めに切り替えましょう。全体的なレベルの向上をするためには、とにかく色々描いて経験を積むこと!調子の出し方は、グラデーションの特に薄いトーンを見分けられるようになること、そのためにはやはり細密描写で明暗を見分ける目を養うこと。質感の出し方は、モチーフの持つグラデーションやタッチの使い方のの特徴を掴むこと、それを表現出来ること。一言ずつ、まとめてみました。

では添削ですが、透明感は出せたとのこと、グラスの特徴であるグラデーションは上手く捉えていると思います。しかし、タッチで面を描いていませんので、ガラスの厚み重みというものが希薄になっています。上の楕円はそれほどおかしく思えませんが、下の楕円は遠近法的にもっと膨らみます。やはり、影が強すぎます。影は虚像ですので、もっとグラデーションでぼやかして描いてみて下さい。

お聞きになりたいことが、漠然として全般的な印象。でも、仕方が無い、頑張るのみ!

ガラス製コップのデッサン

もっと詳しく学びたい方はこちらへ
デッサンオンデマンドへ


にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ