投稿者:のねの さん(25歳/就職活動中)

■自己紹介・デッサンの目的
はじめまして。
現在、クリエイティブ系企業の就職を目指している者です。

就職活動にあたって、大体の企業はデッサンのポートフォリオが必要と言うことを知りました。
基本的なデッサン力が求められています。

今まで、ほぼ独学でイラストを描いてきたのですが、企業における基本的なデッサン力がどのレベルなのかが分かりません。デッサンは中学生の時以来です。

今回描いたデッサンはどのレベルでしょうか?

また、より良くするためには、どこに着目してデッサンするべきでしょうか?

■頑張った点、上手くいかなかった点
頑張った点は、濃淡をしっかり使い質感を表現しようと試みました。

うまく行かなかった点は、物の形が今見ると正確に捉えきれてないように思えて、全体的に不安定な気がします。
また、構図はもう少しまとまりが出るように考えるべきだったと思いました。

■どのような点を向上させたいか
安定して見える物の形とり方が知りたいです。

また、デッサン力として不足している点の改善点がしりたいです。

よろしくお願いします。

■デッサンの所要時間
180分

さい鍋と水入りペットボトルと厚めの布のデッサン

のねの さん、初めまして。中学以来描いていない?素晴らしい筆の伸びを持っていますね~かなり上手い人が、陰影を省略して描いたようなところがあります。つまり、かなりお上手ということです。
就職試験に立ち会ったことがありませんので、それほど自信をもっては言えませんが、良い線行けるのではないですか?

「どこに着目してデッサンするべきでしょうか?」ということですが、あくまで就職試験用、一般的なデッサンとして申し上げます。色と光の表現は、あまりしていませんね。茶色の布、鉄色の鍋、そして上面を明るく、側面、下面を暗く、鉄部の反射も描き入れる、ということがあります。(しかしアーティストとして、線にこだわったデッサンをしたいというのであれば、これでもアリです。)線には、強弱、質を織り交ぜて、表現力を感じますが、一般的には主線が強すぎる状態になっています。

「全体的に不安定」に感じるのは、鍋が傾いているように見えるからだと思います。鍋底が、布ですっかり覆われて設置面が見えない、そのため鍋の垂直水平がとりにくかったこともあると思います。実際傾いているかもしれませんが、安定感を求めるのであれば、設置面を確認し、水平垂直の軸線を描いた後、鍋を描き込むことをお勧めします。

デッサン力として不足している点は、この画面では色と光ですが、会社がどのようなものを求めているか?わかってからお答えしたいと思います。

さい鍋と水入りペットボトルと厚めの布のデッサン


もっと詳しく学びたい方は「デッサンオンデマンド」へ↓
デッサンオンデマンドへ



にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ