投稿者:中野さん(20歳/飲食店員/デッサン歴2カ月)

■自己紹介・デッサンの目的
初投稿です。まだはじめて2カ月なので至らぬ点は山ほどあると思います。添削お願いいたします。今はどこをどう直したらいいかわからない状態です。間違っているところはバシバシご指摘下さるとありがたいです。

■頑張った点、上手くいかなかった点
講座動画を見ながら描いたので書き方があっているか分かりませんが、陰影はまあまあできたかなとおもいます。しかし形があまりうまくとれなかった印象です。

■どのような点を向上させたいか
とにかく何を描いたかはっきりわかるように表現できるようになりたいです。

■デッサンの所要時間
40分

空き缶のデッサン

中野さん、初めまして。このデッサンは、絵を感じます。粗削りで存在感がガツンと来る感じ、とても好きです。どうしてでしょうね、「描きながら、探っている」という感じがするからでしょうか?

中野さん、絵って何でしょうね。上手く描くことでしょうか?テクニックさえあれば、出来るものでしょうか?当サイトは、その名も「デッサン塾」、多くの方が、テクニックを教えてくれと、テクニックがどうすれば早く身に付くか教えてくれと、おっしゃる。皆さん、そういう入り方をされる。でも、いい絵を描くには、テクニックだけではどうにもならないのです。私も、多くのテクニックを知っていますが、良い絵を描く方法は知りません。おそらく、良い絵を描く方法は、どんな人でも答えが出せないはずです。唯一言えるのは、探り続ける人が、良い絵にたどり着くということです。

「物がそこにある感じ」というデッサンが、たまたま出来たのかもしれません。でも、そういうことを追求する人は、あまりいないのです。中野さんが、やはりテクニックを知りたくて、私の方が勝手に深読みしてしまっているだけかもしれません。テクニックは身に付けられるだけ、身に付けていかれれば良いと思います。赤ペンも、その類です。ただ、それだけに終わらないデッサンを探っていくこと、広い意味で色々なデッサンがあることを忘れないでくださいね。

空き缶のデッサン


もっと詳しく学びたい方は「デッサンオンデマンド」へ↓
デッサンオンデマンドへ



にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ