デッサンの道は、一日にして成らず。熱血先生がビシバシ指導いたします。美術も漫画もイラストでも、全ての基礎となるデッサンのディープな世界へようこそ!
最新記事
  • HOME »
  • 最新記事 »
  • なぜデッサンが必要なのか?

なぜデッサンが必要なのか?

―東京藝大の入試、つまり、デッサンや油絵といった実技の巧みさで受験生を選別するシステムは、結果として、アーティストとしてのすぐれた資質を見分ける機能を果たしていないのかもしれない。海外のアートスクールでは、東京藝大のような実技の試験ではなく、それまで作った作品のファイルだけで、選考をするところもあると聞く。英国の名門、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートも、そのような選考システムだという。こうした入試の方が、個性や創造性、表現の意欲といった資質が見やすいのだろう。-
東京藝大物語 茂木健一郎著 講談社 P58抜粋

懐かしく切ない青春小説、一気に読ませて頂きました。ズバリ世間の意見を代表する文言がありましたので、抜粋させていただきます。上記の一節、やっぱりそう世間から見られているのだなという感想でした。茂木さんのおっしゃる通り、美術教育とアートの現実が齟齬を来たしている、どうも原因は入試制度が大きく影響しているようだ、唯一の国立美術大学が日本全体に与える影響も大きいのかもしれない、ということまで大筋頷けます。ただ当サイトはタイトル「熱血!デッサン塾」が示す通り、デッサンを大切にしたいのです。多くの人がデッサンを否定的な方向に誤解し、世間一般がデッサン軽視の方向が進むのは悲しい。

昨今の世の変化は著しいものがあり、必要なだと思われるものもあっという間になくなる様です。それは必要ではないからだ、という人はいるかも知れません。しかし、受け取り手がいないから無くなってしまう、それは上手く伝わらないから受け取れないという連鎖であり、少子化の現在それが恐るべきスピードで進むことでしょう。デッサンというものがここで消えていくことになれば、私はこのようなサイトを運営しながら、本質的なことが何も出来なかったということになります。デッサンはいかなる意義を持つか整理し、あらためてその得失を分析して参りたいと思います。良識を持つ方々に、少しでもデッサンの意義が伝われば幸いです。

07デッサンは受験のため?

デッサンは受験のためではありません。絵を描く総人口のうちの受験人口は僅かでしょう。前述の通り、世間一般の絵画人口に比べ、美大受験人口はわずか、独学でプロになる人もいますので、限られた領域に過ぎないはず。デッサンの意義を考 …

06マンガのデッサンについて

マンガ・アニメは、線画です。幼い頃から慣れ親しんだ、この描法が特別なものだと感じる人は少ないでしょう。デッサンの描法とどこが明らかに違うかというと、デッサンは線画ではありません。線を描くことはあります。しかし最終的に、線 …

05模倣ではない、表現であること

目の前に置かれたモチーフを、よく見て写し取っていく、そのようなデッサンが一般的です。だから創造性が無いとか、表現行為がないとかおっしゃる人がいますが、それは違います。 創造的模倣 ミメーシス(創造的模倣)というのがデッサ …

04思考を拓く

観察すると、思考が呼び覚まされるということがあります。外を見つめていると、自分を見つめることにもなる。意外に思われるかも知れませんが、反対の働きも連動して起こってくる。集中して描いていると、唐突に昔のことが思い出されたり …

03世界を捉える方法

我々は、見ることで、世界を認識しています。見ることは、世界を認識すること。では見るだけではなく、それを描くということは、世界を捉える、自分がもっとリアルな世界を掴まえる、という意味を持つのではないかと思います。デッサンは …

02達成感が自信に

私自身、デッサンを始めた頃は、なかなか慣れなくて苦労しました。影を付けたり、タッチを付けたり、描き方がそれまでと違い、感覚的に受け入れるのに時間がかかったことを覚えています。少しずつですが、描けなかったものが上手く「表現 …

01何時でも、誰でも、何処でも―平等性

紙と鉛筆さえあれば、何時でも誰でも何処でも出来る、これはとても平等な方法です。紙と鉛筆なら、それほどお金がかからない。高いお金を出して、映像機器などが買えない人でも出来る。だから先進国の人でなくても出来る。また例え寝たき …

PAGETOP
Copyright © 百工房アートスペース All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.