投稿者: ひなこさん(16歳・高校1年生/デッサン歴3ヶ月)
メッセージ本文:
初めまして。デッサンの添削をお願いします。
私は小学生の頃から趣味でイラストを描いています。主に描くのはアニメのキャラクターの二次創作やオリジナルキャラクターでの一次創作で、ネット上に自分のイラストを投稿していました。
しかしそれを続けていくにつれ、自分の絵の未熟さと、描きたいものがうまく描けない悔しさに悩まされ、一旦ネットを離れ実力をつけようと決意しました。
同時に、中学時代から続けている吹奏楽団において、絵が描けることや画像編集ソフトを使える事から演奏会のポスター作成を頼まれました。そうして作ったポスターの出来を褒められ、街にポスターが貼られると、それを見た方が実際に演奏会に来て下さる等といった体験を通じ、絵やデザインに携わる仕事に就きたいという目標ができました。
こうした2つの決意のなか、今まで全くやってこなかったデッサンをきちんと身につけたいという思いが芽生え、今に至ります。
デッサン自体は学校の授業や高1の冬から入部した美術部(ゆるゆるの部活です笑)の中で数回描いたのみであり、細かな添削や指導をされた事は1度も無いので、いざ描いてみても果たしてこれで良いのか、と不安ばかり残ります。描いてはみたもののなんだか未完成で中途半端なような……
右も左も分からずですが、助言をいただければと思います。
使用したのはクロッキー帳(A4)、エンピツ(4B,B)、プラスチック消しゴムです。

(60分)

添削152:白いマグカップとティーポットのデッサン

初めまして。ご丁寧に解説いただき、どうもです。ただ、このサイトでは進路指導までは出来かねますので、ご了承ください。現場で長年やっていますと、皆様歳は関係なくあなたと同じような経過を辿って、デッサン上達で壁に突き当たるようです。どうぞ、辛抱強く取り組んでいただけますよう、、。

とにかくマンガは線、ですから形を描く力があるかどうかに収斂していく傾向があります。そこがデッサンでも一番のハードルになると言っても構わないと思います。今までとは、ガラリとやり方を変えて下さい。部分から描いていたものを、全体から描くように。そして、大きさとか位置関係を比較しながら、描くようにして下さい。その比較する基準の一つに、添削のような軸があります。それをアタリとして引いた上で、楕円の上下左右を見比べながら描いていく、おそらく相当上手く形が取れるはずです。一偏にアドバイスしても実行できませんので、今回はここまで。

添削152:白いマグカップとティーポットのデッサン

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス