投稿者:ペーターさん(14歳・中学3年生/デッサン歴3ヶ月/高校美術コース受験)

■自己紹介・デッサンの目的
美術コースの高校受験を控えています。
実技テストで3点モチーフ(所要時間2時間)のデッサンがあります。

■頑張った点、上手くいかなかった点
前回指導して頂いた陽、陰、影に気を付けて描きました。
実技テスト本番は画用紙を使用するらしいので、画用紙に描きました。貝の硬さが表現できませんでした。木製ボウルの木目を頑張りました。

■どのような点を向上させたいか
陽、陰、影が表現できたかどうか教えて下さい。
また、影の濃さの加減が分からなくなってきたのでご指導下さい。

■デッサンの所要時間
110分

瓶・木製ボウル・貝のデッサン

そう、画用紙に描かせるのです。だからザラザラしてはいけない部分を、どうにかしないといけない。ずばり、影全部ティッシュでごしごしして下さい。タッチの荒い部分も、濃すぎる部分もちょうどいい具合になるはずです。是非、ビフォーアフターを自分で試してみて下さい。

影とは?何でしょうか?虚像です。光の当たっているところは明るく、光を跳ね返して、存在が明らかになる。反面影は、虚ろにそのものの姿を下に落とし、光を吸い込むように朧に佇んでいる。ここで粗いタッチや、実物に等しい強い明暗は合いません。質について質問を受けることが多いのですが、結局そのものが持つ表情です。それをどれだけ感得出来るか?が、質を描く基礎です。試験は制約の下でベストを尽くす、木の描き方、ガラスの描き方、ノウハウが通用してしまう、しかし感得する力は、自分でトライ&エラーを繰り返すしか身に付かない、これだけは今後のために覚えておいて下さい。

画用紙デッサン

もっと詳しく学びたい方はこちらへ
デッサンオンデマンドへ


にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ