備前焼の湯呑ですね?茶色い色は暗い、濃くしなきゃ、という気持ち分かります。
でも立体感が出ない、タッチで出せるかな、と頑張って見ました。
備前焼の湯のみデッサン立体感を出すには、第一に光の当たり方を描くことです。
影の形から判断して、左手前方向から光が当たっている。
赤ペンの様に、明るいところ、中ぐらいのところ、暗いところが出来ているのでは?
色の濃いモチーフは、明るさの違いが分かりにくいところもあります。
まずは色の薄いモチーフを描き、光の当たり方を研究しましょう。
備前焼の湯のみデッサン

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ