まずは、物怖じしないでのびのび描いていらっしゃる、いいと思います。
ビビッて手が動かなくなる人、よくいらっしゃいます。
手が動かなくなってしまうと、新しい課題毎にビビッてしまう。
経験的に、失敗を恐れないタイプの方が、早く上達します。

人物クロッキー・水着

まだまだ明暗を付けるのは、慣れていないようですね。
アウトラインを追うことに集中し、そこに時間がかかっているようです。
「面」で捉え、明るさの違いを出してください。
「線を描いて塗る」ではなく、「線も塗りも同時に」描いていきます。
具体的に言うと、例えば腕を最初に描く際に、腕の上下の境界線を引くのではなく、腕の真ん中(骨が入っている部分)を描くつもりで塗り進めていくのです。
もちろん肌色ですから、あまり強い色でいきなり描かず、ふわっと優しい筆圧で。
これが最後には肌色や影にもなり、明暗の元となってくれます。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ