稿者:まきよはらさん(18歳・高校三年生/デッサン歴:3年)

■モチーフ
トロフィーカップ(プラスチック・メッキ)
百均で売っている、チープなトロフィーです。

■自己紹介・デッサンの目的
芸大受験が終了した学生です。

デッサンの能力が衰えぬよう、
2日に1枚のペースで描く予定です。

■頑張った点、上手くいかなかった点
楕円に狂いが見られます。
最初は、狂いはないんように思えましたが、
完成してくると、狂いが散見されるようになりました。

金属メッキ部分、プラスチックの描写がまだまだ至らないです。

カップ部分の陰が、強すぎた気もしますが、
弱くすると、あまりに立体感が無くなってしまいます。

■どのような点を向上させたいか
パッと見て、モチーフの構造や性質がわかるようなデッサンが描きたいです。

■デッサンの所要時間
180分

初めまして。まきよはらさん、受験お疲れさまでした。上がりきったテンションは、なかなか下がらないものです。手持無沙汰に感じるのは、とても分かります。ですが、お勧めはデッサンではなく、いろいろな展覧会を見ること、それが今は叶わないのならば、画集でもいい。受験を離れて、たくさんの画家の人生に触れること。最終的に作家になっていく人は、美術史を良く知っています。

では添削です。楕円のパースが難しいモチーフですが、良く見ているし、良く直していると思います。特に、金属メッキの反射表現は上手く描けています。面白く思うのは、ご本人が「まだまだ」と思っている部分は、大概上手く行っていることです。気になったのは一点、向こう側の取ってが縦方向に大きくなっていることぐらいでしょうか?芸大を受けるぐらいですから、直ぐに直せるでしょう。

モチーフの性質や構造ということですが、試験ではエスキースとかノートとかチェックされませんか?モチーフ以上に、心理的なこと哲学的なことが、エスキースとかノートには反映されやすいのではないでしょうか。幅広く知識を増やすことは、きっとモチーフの性質や構造を理解する上でも役に立つことと思います。

 


もっと詳しく学びたい方は「デッサンオンデマンド」へ↓
デッサンオンデマンドへ


にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ