投稿者:あいうえおさん(17歳・高校3年生・デッサン歴6ヶ月・大学受験)

■モチーフ
黄色のプラスチックボール
木材
青と白のガーゼのタオル

■自己紹介・デッサンの目的
はじめまして。自分のデッサンを講評していただくため投稿させてもらいました。
デッサンの目的は今のところは大学受験です。大学に合格することができたらさらなる技術の向上を目指していきたいと思っています。
画像があまりよくないのが申し訳ないです。

■頑張った点、上手くいかなかった点
頑張った点はタオルのガーゼ感で、上手くいかなかった点は木が逆パースになってしまっていたことです。

■どのような点を向上させたいか
書き出しに時間をかけてしまいがちなので、手早い仕事の入れ方やコツなどが知りたいです。また、3時間で描く場合はどのように仕事を進めていけばよいか、オススメの描き進め方なども教わりたいです。

■デッサンの所要時間
7時間

初めまして。丁寧に誠実に描いていますので、とても好感が持てます。描き出しに時間がかかるということですが、焦らずコツコツと画力を積み上げていってください。無理に時間を短縮しようとすると、焦ってしまいますから。

添削ですが、画用紙?のせいか、ややザラザラした調子が全体的に付いていて、温かみがある反面シャープさが少ない感じがします。布などの質感にはそれが合いますが、プラスチックなどツルツルした質感、硬いものは、鉛筆をもっと刷り込んだ方がいいでしょう。もう一つは、光の当たっている部分に対して、本体の陰、下に写っている影が、どこからどこまでというように、もっとはっきり「領域化」された方がいいでしょう。

3時間で描く場合はどうのように描き進めるか?というご質問があるということは、入学試験は3時間なのでしょうか?ご期待に沿えるかどうかわかりませんが、上手い人がどうするかというと、まず大きなところから始める、そしてきちんと下地を作っていく、という仕事の進め方をします。つまり、陽陰影、ツルツルや硬い質感のものを「領域化」し、まとめて最初のうちから摺り込んでしまう、という方法です。そのために必要なのは、描くことではなく、見て分析することなのですが、焦らず少しずつ積み上げていきましょう。


もっと詳しく学びたい方は「デッサンオンデマンド」へ↓
デッサンオンデマンドへ


にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ