投稿者:かもめさん(20歳・大学3年生/デッサン歴:なし)

■モチーフ
天狗の置き物

■自己紹介・デッサンの目的
はじめまして。私は最近憧れの画家の方がいて、自分もその人のような素敵な絵が描きたいと思い、画力を上げるためにデッサンを始めました。元々落書きは好きだったのですが、細かい陰影をつけたデッサンは不慣れなので添削していただきたいです。

■頑張った点、上手くいかなかった点
頑張った点は、天狗の怒った表情を表現するようにした所です。上手くいかなかった点は、全体的な陰影があまりつけられなかったと思う所です。

■どのような点を向上させたいか
陰影をしっかり付けるためには、暗い影の方から描いていくべきですか?
また、正確に描くためには目などの一部から描くべきですか、それとも全体の輪郭から描くべきですか?

■デッサンの所要時間
2時間

天狗の置き物のデッサン

初めまして。ノートから浮かび上がった、天狗の面。何かが起こる前触れだろうか、、、とドラマチックな展開を予期させそうな。上手いですね~。これはデッサンなのだろうか?と深読みしてしまいそうです。

デッサンサイトに投稿ですので、間違いないですね。細かい陰影をつけるのが苦手だとおっしゃるが、むしろこつこつ塗っていくのは得意なのではないかと思います。陰影をしっかりつけるためには、暗い方を後回しには出来ません。炭描いて、後回しにすると、黒を出すのが大変!正確に描くためには、目も輪郭も両方描いて行きましょう。目だけだと、輪郭だけだと、双方のバランスを取るのが難しくなるからです。ただ、大きい部位から決定してく法則はあります。

さて、あなたはどんな絵を目指しているのでしょうか?あこがれの画家はどんな絵を描いていますか?タッチを付けて、立体感を出す方法は勉強しても良いと思います。タッチは3Dを2Dで表現する方法です。実際にそんな線は見えませんが、それを描くと盛り上がってくるのです。そんな風に、もっと本気を出したら、ノートの罫線は?

天狗の置き物のデッサン


もっと詳しく学びたい方は「デッサンオンデマンド」へ↓
デッサンオンデマンドへ


にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ