いや~、じっくり描きました。しかし「文字も遠近法に従う」という、良い実例です。
じっくり描いただけに、結構悔しいかも知れませんね(笑)
缶ビールのデッサン丸い面だけではなく、線も文字も遠近法に則って、下に行くほど丸みが強くなります。
特に文字は、まずカーブを下書きし、次に文字をカーブに当てはめる、いう手順で描きます。
きっと忘れないでしょう。悔しい失敗は、必ず身に成るという、実例にもなったのでは?
缶ビールのデッサン最後に、本体をしっかり描いたわりに、影が・・・。
台も立体物です。影をしっかり描いて、奥行きを出しましょう。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ