投稿者: はぎねさん(16歳・高校2年生/デッサン歴6ヶ月/美大受験)

メッセージ:
こんにちは。お久しぶりです。
今回は初めての石膏デッサンです。
1番大きな反省点は構図です。
あたりの段階ではもう少し中央に位置していたのですが、その時点で既に左下のスペースが大きく、そこから形を直して行くうちにどんどんずれてしまい、気がついたときにはかなり描き込んだあとでした。右上に寄りすぎて、なんだか息苦しい感じがします。最初は背景無しだったのですが、あまりにも構図が酷いので壁(というよりも石膏をかけていた戸)と影を描き足しました。
また、光がいろんな方向から来ているので陰影がつけづらく、苦心しました。
髪も難しかったです。
顔は多少よく描けたかなと思います。

[過去投稿]
添削169:ガラス瓶(ワインボトル)とリンゴ(作り物)のデッサン

石膏像(メディチ)のデッサン

良いですね。順調に上達中!

ご指摘の通り、構図が問題です。目線の方向は空けるという、セオリーがあります。マンガでも人物画でもそうなっていますから、着目してみて下さい。髪の毛、めんどくさいですよね。それは私も最初そう思っていました。そう思わなくなる頃、髪の毛の立体感がリアルに出せると思います。

さて、この先は更に上の環境認識が必要です。このレベルが、プロを目指す人の普通です。都会の予備校の講習会とか参加すると、そのことが分かります。そういうのはネットではなく、現場でないと分からない。そういう環境で揉まれ、人の良い所をどんどん吸収する。予備校の肩を持つわけではありませんが、出来れば、そういう環境が若い頃はあった方が良いと思います。もう、知ってるかもしれませんが。

石膏像(メディチ)のデッサン

もっと詳しく学びたい方はこちらへ
デッサンオンデマンドへ


にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ