容器に布をかけた物のデッサン投稿者:オリーブさん(22歳/大学4年生/デッサン初心者/美術系専門学校志望)
■自己紹介・デッサンの目的
大学卒業後、美術系の専門学校を受験したいため、デッサンの練習をしました。実は、今週末に入試があるのであまり時間がありません。 
■頑張った点、上手くいかなかった点
布の柔らかい表現と、下にある容器の形がわかるように描くことです。
やはり、陰影の付け方や布の形を正確に捉えることが難しかったです。 
■どのような点を向上させたいか
滑らかに陰影をつける方法、一点からモチーフをぶれずに見る方法
■デッサンの所要時間
90分

容器に布をかけた物のデッサン

初めまして。今週末に試験!?ご期待に沿えませんでしたね、ごめんなさい。なかなか凝ったモチーフですね、過去問を練習されたのかな?画力はそこそこあると思うのですが、あまり時間を掛けずに短期集中で臨むのは、自信の表れなのでしょうか?

布の柔らかさは出ています。中のものも表現出来ています。ただ、布が柔らかくなり過ぎて、下に垂れていること、光沢が表現できていないことが、上手く行っていない点です。これをクリアーするには、もう一度、薄い鉛筆を重ねてグラデーションを付けたり、濃く描き過ぎた部分を練り消しで調整したりする必要があります。一通り描いて、出来る表現ではありません。私でも、3回ぐらい試行錯誤します。

石の上にも3年ということわざ、私は法則のように思っています。形を正確に取り、陰影が正確に描け、立体感や空間を表現できるようになるには、それぐらいかかるのが普通です。時間が掛かるのは、ブレるからです。一点からブレない、これは実に難しいこと。色々なことを知り、影響を受け、揺れ動きながら均衡を探る、それは当に動的均衡。私の経験では、常に、肉体的作業を通して考えること、長期的視点を失わないことでしょうか?新たに飛び出していく世界で、お役に立てれば幸いです。

容器に布をかけた物のデッサン


もっと詳しく学びたい方は「デッサンオンデマンド」へ↓
デッサンオンデマンドへ


にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ