■自己紹介・デッサンの目的
初めまして。
私は趣味でイラストを書いているのですが
今完全に絵が下手!という感覚で(スランプってやつ?)
何かを得ないと、という気持ちで参考書などを模写したり読んだりしていたのですが
必要だと思いデッサンにも手を出すことにしました。
絵の基礎だと思うので

■頑張った点、上手くいかなかった点
頑張った点は形のとり方です。
写真を撮る度に歪んでいる場所が見えて何度も書き直しました。
上手くいかなかった、というかよくわからないのは色の表現、文字をどうかけばいいのか、影やギザギザ部分の書き方です。

■どのような点を向上させたいか
「デッサン」と言って紹介して、落書きではなくデッサンだと認識されるようになりたいです。少し漠然としてますが、今のママでは落書きにしか見えず、でもどこを直せばいいのか正直分からないので、下手なりにデッサンの完成とはどうやって目指せばいいのか知りたいです。

■デッサンの所要時間
120分程

修正液(ミスノン)のデッサン

初めまして。趣味でイラストを描いていらっしゃる、そして、もう少し上手く描きたい、そのためにはデッサンを勉強しようと思い立った、そういうことですね。またお問い合わせいただけるなら、どのようなイラストを描いていて、どういう点を向上させたいか?教えて下さい。

まずデッサンというのは、その人の目指す絵があって、そのためのデッサンがある、と考えた方がシンプルです。いわゆる美大受験は「デッサン力」を問いますので、受験のために色々なモチーフを練習する、そういうのを色々なところで見て、「デッサンだと認識できるデッサン」を目指す、とおっしゃられているのかな?と思いました。あなたのイラストのために、顔が上手く描きたいなら顔の練習、足が上手く描きたいなら足の練習、わかりやすく成果が直結しているのでお勧めです。(わかりやすいですが、モチーフは簡単ではありません。)

修正液、頑張って、細かく描いています。始めたばかりにしては、随分上手く描けたと思いますよ。ギザギザなんか、ホワイトまで入れて喰らいついていますね。後は、知識を得て、もう一通り上描き出来れば、目的に近付くと思います。

知識とは、画材、形(遠近法)、光、色、質などです。たくさんあるでしょう?ここで全部説明するのは、勘弁してください。もう一通り、更に細かく丁寧に上描きするためには、(描きながら)知識を得ていく時間が必要です。忍耐力の訓練と思わないで下さいね。私は今までの経験として、デッサンには職人としての気質を養うところもあると思っています。アイデアとクラフトマンシップの両立は、必要だと思うからです。コツコツやって参りましょう!

修正液ミスノンのデッサン


もっと詳しく学びたい方は「デッサンオンデマンド」へ↓
デッサンオンデマンドへ



にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ