投稿者: はぎねさん(16歳・高校2年生/デッサン歴約9ヶ月)

メッセージ本文:
こんにちは。前回もご指導ありがとうございました。
今回は左手を描きました。
最初の2時間の進みがかなり悪く、後の4時間で進めましたが、描くのがやはり遅いような……
中心を目立たせたくて強く描きましたが少々やりすぎたのか不自然に見えます。
人差し指と中指ももう少し描きたかったです。
関節の位置が不自然に見えます……。
ちゃんと描いてる最中に冷静に、客観的になれればこのようなことはなくなるのではないか、と思うのですが難しいです……遠くから見ても、なかなか上手くいきません。

何度も送ってしまって大変かと思いますが、よろしければ添削お願いいたします。
(6時間)

[過去投稿]
添削202:黒いランタン、赤茶のレンガ、角材、玉ねぎ、松ぼっくりのデッサン
添削200:アルミ缶・竹のしゃもじ・ガラス瓶のデッサン
添削197:石膏像(アグリッパ)のデッサン (完成)
添削193:石膏像(アグリッパ)のデッサン (途中)
添削187:石膏像(メディチ)のデッサン
添削169:ガラス瓶(ワインボトル)とリンゴ(作り物)のデッサン

左手のデッサン
手というものは、顔の次に表情豊かな部位です。真ん中にズドン真っすぐ!手首も隠して関節の曲がりも無し。もう少し、感情や動きを付けても良いのでは?

次にざらざら感きになります。服はそれでいいのですが、皮膚というものはそれなりに滑らかな質感で、硬めの鉛筆を使い、曲線タッチで皴を追うようにボリュームを出すとリアルになります。

次に手の中心は手の付けね(手首上、骨の付け根)、そこから放射状に指が伸びて行き、指の関節も円弧が重なっていきます。指を曲げようが伸ばそうが、関節同士を結ぶ円弧はアタリを最初から取りましょう。まあ、赤ペン入れたように、それぞれの指の大きさはチェックするべきです。

左手のデッサン

もっと詳しく学びたい方はこちらへ
デッサンオンデマンドへ


にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ