石膏像ゲタのデッサン投稿者:さちこさん(18歳・高校三年生/デッサン歴:1ヶ月)

■モチーフ
ゲタ

■自己紹介・デッサンの目的
明日、国立大学の教育学部の入試を受ける者です。色々あって、一月画塾に通い、石膏デッサンの練習をしてきました。デッサン時間は3時間です。明日が入試なので、今からでも改善できるような点があれば、ぜひ教えて下さい。

■頑張った点、上手くいかなかった点
明暗、立体感(特に髪の毛)

■どのような点を向上させたいか
顔、髪の毛、明暗と立体感、殆ど全てです。

■デッサンの所要時間
180分

石膏像ゲタのデッサン

初めまして。残念ながら、「明日まで」という期日までにはお返しできませんでしたが、こちらのサイトは無料で善意で行っているサービスですので、あなたのご要望にはお答えできませんでした。ご了承ください。向上させたい点は、ほとんど全てということですが、それを一日で行うことに関しても、お答えできません。不可能です。

はじめの一歩、形を正確に取るには?というところからご説明します。石膏デッサンだけではなく全てのモチーフに関係しますが、まずは最大横幅×最大縦幅の比率を正確に測るところから始まります。目測はかなり習熟してからの話になりますので、最初は何度も測り、何度も見直すことが大切です。測るには、測り棒を手に持って図る、デスケルで位置を計測する方法があります。

そして、適度の大きさで画面に配置するためには、はみ出す部分もありますので、構図にはやや難易度が求められます。頭部を例にとった方が、分かりやすいかも知れません。実際は4:5ぐらいですが、4:7ぐらい縦長になっています。

このように比率を合わせていくのが、形を取る第一歩です。何でもないように思える、当たり前のことです。しかし、実際行ってみると難しいと思うはずです。基礎とは、このような何でもないことの積み重ねですので、短い期間に詰め込むことは出来ません。この頃、学生諸子は最低限の努力で最大の効果(成績)を上げることに躍起になっていますが、それをするほど実力が下がっていくことにお気づき下さい。

石膏像ゲタのデッサン


もっと詳しく学びたい方は「デッサンオンデマンド」へ↓
デッサンオンデマンドへ


にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ