人物の顔のデッサ
投稿者:ゴリンさん(41歳・主婦/デッサン歴2ヶ月)

■自己紹介・デッサンの目的
子供の頃わりと得意だと思っていた絵画を、本気でやってみたいと思いここ2ヶ月ほど独学でデッサン中心にやってます。

■頑張った点、上手くいかなかった点
これまでに何度か同じ画像で描いています。
鼻の苦手意識が高かったのですが、繰り返すうちに多少陰影の付け方がわかってきたような気がします。
目の大きさはこれでいいのか、という点と、ちょっと下を向いている顔の形のとり方はいまだ慣れずで自信なしです。

■どのような点を向上させたいか
正確に輪郭、配置などができるようになりたいです。

アドバイスいただけたらと思います。
よろしくおねがいいたします。

■デッサンの所要時間
1時間半

人物の顔のデッサ

初めまして、ゴリンさん。独学でも、ここまで出来るようになるのは、とても頑張られたのでは?オリンピックでも思いますが、やはり練習しないと上手くならない、それは絵もそうだと、この頃とても思います。

彼、かっこいいですね。もっとかっこよく描きたい?では、目鼻口の配置を、さらに厳密にしていくことです。まず、この顔は、少しうつむいています。そのため、遠近がついて、鼻は長く見え、目、口は、正面に比べるとやや下向きのカーブの上に配置されるようになります。デッサンの、正中線の知識、遠近法の知識があると、もっとかっこよく描けます。間違いない!

形を正確に描くには、目測の力が必要です。この力を付けるためには、知識はあまり役に立ちません。「描いて、見比べて、直して」を繰り返す中で、微妙な違いを見定めることが出来るようになります。ここは、独学でも、自分に厳しい人は出来ます。しかし大概は、自分に甘くなってしまうので、上手く行きません。習って、びしばし指摘を受けることをお勧めするところです。

人物の顔のデッサ


もっと詳しく学びたい方は「デッサンオンデマンド」へ↓
デッサンオンデマンドへ



にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ