投稿者:りーが さん(12歳/デッサン初心者)
■自己紹介・デッサンの目的
ある人にプレゼントしたくて上手くなりたいです 
■頑張った点、上手くいかなかった点
取手がうまくできません 
■どのような点を向上させたいか
取手の陰影
■デッサンの所要時間
90分
マグカップのデッサン

初めまして。12歳で、デッサンしてみた?偉いですね。デッサンというのは、形を正確にしなければならないので、大変でしょう?それが正しいことをされていますね。でも、このマグカップの絵、面白いでしょう?形も面白いし、色も鮮やか、元気な気分がとても伝わってきます。あなたは、この絵は描こうとしていませんね。マグカップの形を描いてから、これから描くつもりだったの?

デッサンとこの絵の関係は、美術の上でとても大切なことを語ってくれます。人間やこのマグカップのようなモチーフを描くものを、具象絵画と呼びます。ここでは、上手い下手が盛んに言われるのです。
物の形を借りずに、動きや感情、気分などを表すものを、抽象絵画と呼びます。ここでは、上手い下手ではなく、その人の感じたことを絵の具や色や形で表そうとします。具象絵画、抽象絵画の境目は、それほどはっきりしていません。このマグカップの絵は、人の形はしていますので、半具象とでも言えるしょうか。

私が言いたいことは、上手い下手だけの世界は、氷山の水面に出ている部分ぐらいしかない、感じる世界は、水面の下にたくさん潜んでいるということです。形を正確に描くことは、あなたがプレゼントするために必要なことかも知れないのですが、この絵のように、元気で楽しい部分を失ってはいけないということです。赤ペン入れときましたので、さっさと直して、この絵を描いて行きましょう!

 

マグカップのデッサン


もっと詳しく学びたい方は「デッサンオンデマンド」へ↓
デッサンオンデマンドへ



にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ